不不惑

え!、へーもあったエコー講習会

 私は人前で話をするのは苦手ですが、それ以上に人の話を聞くのは苦手なので、一日中講習会で話を聞いていましたら、疲労困憊になりました。
 「え!」は、papillary fibroelastomaを乳頭筋繊維弾性腫と言っていたこと。筋はいらないじゃないかな。乳頭線維弾性腫だとおもいます。また、左室を横断する仮性腱索(false tendons)を異常腱索と言っていたこと。仮性腱索はエコーのテキストで誤診しやすい正常構造物に記載されていますから、異常ではないと思います。
 「へー」はwarfarin ridgeをcoumadin ridgeとも言いますが、それはwarfarinを内服している患者さんが、coumadin ridgeを取り除くため手術されていたと言うこと。
 会場の損保ジャパンビルではゴッホのひまわりが展示されているそうです。明日はどこかで抜け出して、見に行こうと思います。
d0134028_2120473.jpg
[PR]
by madowazuzu | 2008-03-15 21:20 | JBPOT, PTEeXAM
<< 大動脈四尖弁のARの重症度評価 第7回経食道心エコー講習会に向... >>



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧