不不惑

The ICU Book Third Editionを読むぞ

d0134028_19191483.jpg ICUがオープンし、1日あたり2~4人が入床してくれています。当初は手術後の患者しか来ないかと思いましたが、ICUにふさわしい状態の悪い人ばかりです。
 私は初期研修を除くとほとんど臨床麻酔ばかりやってきましたので、ICU側の人間ではありません。そこで、今まで遠くで眺めていた「The ICU Book Third Edition」(日本語版)を購入しました。いつもの悪い癖で1ページ目から順に読み50ページで入眠してしまいました。
 方針転換し、読みやすそうな36章ICUにおける貧血と赤血球輸血から始めますと、じっくりよんでも1時間かかりません。読みたいところから1日1章ずつ読めば、読破できるにちがいありません。
 世の中には、勉強するのに論文を用いる人たちがいます。「麻酔科医6年目が3年目麻酔科専攻医とともに学ぶブログ」を書いている先生の熱心さには頭が下がります。理想の麻酔科医の一つの姿ですが、私は繰り返し教科書を読むことでしか知識が身に付きません。真似できませんね。

d0134028_19193265.jpg 今日は当直です。ご飯は患者さんと同じですので、ボリューム感が足りません。普段は文句ばかり言って働いていますが、自分の健康に感謝しています。
[PR]
by madowazuzu | 2008-10-25 19:29 | ICU
<< 雑誌の購入について ICUがオープン初日 >>



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧