不不惑

カテゴリ:今日の症例( 16 )

整形外科医のお怒り

上腕骨骨幹部骨折が開放骨折だった。
気づかなかったので整形外科医の怒りを買った。
骨折を診たら、まずは
1.動脈損傷
2.神経損傷
3.開放か
4.他の外傷
を判断しなくてはならない。基本的には私は麻酔科医なので1と4に目が行く。
もし3.開放骨折なら「Gustilo分類」
d0134028_9565930.jpg

腕神経叢ブロック・腋窩アプローチするような場所に<1cmの傷があった。
TypeⅠだよ、(((そんなに怒らないで。)))
TypeⅠ:解放創が1㎝以下で清浄な解放骨折。
    横骨折・斜骨折など単純な型の骨折が多い。
骨折による疼痛のなか、1cmにも満たない傷を探すのは気が重いな。
[PR]
by madowazuzu | 2015-11-06 10:01 | 今日の症例

痛ましい

ゴールデンウィーク中に目の前で死亡交通事故
d0134028_16483861.jpg

preventable trauma deathは好きな言葉でない。
そのようなケースは本当にまれだし。
preventalble traffic accident
交差点に進入するときは、青信号でもスピード落とさなきゃ。
[PR]
by madowazuzu | 2015-05-11 16:50 | 今日の症例

本日の決め言葉

 今日の臨時手術で、「今日はあなたを☆☆☆☆だと思って麻酔をさせていただきますね。」と言って術前診察を行った。家族が涙を流して喜んでくれた。リップサービスは大事である。
 ホテルに帰ってきたらコロンビア大学白熱教室の時間。英語で聞くと全く理解不能。マイケル・サンデル教授「ハーバード白熱教室 in Japan(東京大学)は少しは理解できたのに、、、
d0134028_8394033.jpg

娘手作りのミルフィーユ
[PR]
by madowazuzu | 2012-02-19 00:39 | 今日の症例

更衣室で鍋パーティー

今日は定期手術で、十分に遅くなることが予想されていましたので、お鍋を用意いたしました。
d0134028_19552724.jpg

常勤医3人、初期研修医1人、出張麻酔科医1人、計5人でつつきました。
購入先は、九州うまいもんや芋蔵の牛もつ鍋・お試し価格。
おいしかったよ。終了は夜9時を過ぎるかと思いきや8時に終了。
[PR]
by madowazuzu | 2012-01-24 20:01 | 今日の症例

大病院指向

重篤な患者さんの治療を行っていると、都会の病院に転院させて欲しいという患者家族からのリクエストは結構ある。

では、都会では交通事故死が0で、ARDSの死亡率が0なのだろうか?!
この町では、ここ数年交通事故は発生しているが、交通事故死は0である。
では、治療成績はこちらのほうがいいのか?そんなこともないだろ。

ときどき、身内からも都会の病院に転院させましょうという人もでてくる。そんなに都会は治療成績が良くて地方はダメなのか?我々は医者でもあるし、scientistでもある。データで示せ。
d0134028_346242.jpg

こんなことしているから駄目か、駄目だな。
[PR]
by madowazuzu | 2012-01-16 00:56 | 今日の症例

波動法

ぱっちゃり体型の帝王切開が続いた。110kg、120kg。
2人とも脊椎麻酔だけした。2・3回背中をつついて、
振動の伝わり具合を人差し指で感じ、
その振動がより減衰しないところが穿刺点である。

「波動法」と名前を付けてみた。Lisaに書いてみようかな?

術後回診では、「これ以上太ると健康に良くないし、麻酔がより難しくなるから、太らないで。」とお願いしている。なのに、110kgは帝切後に123kgとなって退院していった。
d0134028_14374031.jpg

出張先で映画館に入ってみた。受付で、座席はこの中からお選び下さい、と。え?!全部の席からえらべるの?

観客は私一人だけだった。近いうちにこの映画館はなくなるかも。
[PR]
by madowazuzu | 2011-12-23 14:40 | 今日の症例

明日は大学の医局大会

一つの科が撤退すると、しわ寄せが他の病院に行くわけではない。
他の病院は隣町、患者はこの病院で完結するのを希望する。
したがって、慣れない患者を診なくてはいけない。

d0134028_14482844.jpg整形外科の撤退話が持ち上がったとき、
prof.「手術減るね、楽になるね、」
そんなことはない。整形外科の患者をみんなで見るだけである。

循環器内科が撤退したとき、循環器の患者をみんなで診た。
カテや、ペースメーカは胸部外科がやった。
そのしわ寄せはこっちにもきた。
新しくきた循環器内科医は「不整脈はみない」と宣言した。
院外でAEDで除細動されても、患者の行き場はなかった。
しかたがない。1人で循環器の患者を全員みれるわけではない。

隣町は循環器内科が撤退した。カテが必要な患者は往復5時間かけてこの病院
あるいは7時間かけてこの先の病院へ消化器内科医が搬送している。

1日2件搬送したら、疲労困憊だそうだ。撤退は撤退を呼ぶ。
しかし、すべての病院に派遣できるわけではない。

私の提言
1.各病院が医局員を前にプレゼンをする
給料・時間外給料・退職金・福利厚生・住宅状況等勤務するに当たり知りたいことがたくさんあると思いますが、現在はそういった条件を承知しないで派遣されているのが現状です。初期研修医を募集するときのようなプレゼンを行って、勤務条件・状況等を明らかにしてもらいたいです。また、ここで病院間の競争を促し、せめて福利厚生等の状況を改善するきっかになればと思います。

2.以降は次回
[PR]
by madowazuzu | 2011-12-16 14:16 | 今日の症例

5Eの麻酔

循環器Dr.「内科的な治療では救命できません。手術しか助かる道はありません。」
胸外Dr.「五分五分ではありません。手術は殺人行為かもしれません。」
麻酔科「患者さんは移動するにも耐えられないかもしれません。」
家族「病院に来たら顔色がよくなりました。この人は強い人ですから助かると思います。」
d0134028_944656.jpg

[PR]
by madowazuzu | 2011-12-15 09:44 | 今日の症例

「うまくいっていますか?」

仕事には多少なりとも緊張感やプレッシャーが必要である。
某科が2回連続、セメントを使用する手術でやり直しになった。金額的にも大損であるし、なによりも入れるべきステムが使いものにならず、一回り小さなものになってしまう。

セメントを使用する手術では、見回りをすることにし、術者に声をかけることにした。
「うまくいっていますか?、よろしくお願いしますね。」
d0134028_175535.jpg

[PR]
by madowazuzu | 2011-11-21 17:05 | 今日の症例

やりにくい

こちらの小さな診療所で診療にあたっていますが、ちょっとやりにくいです。その理由は

1.カルテが複数ある
2.診療日を書いていない先生がいる
3.字が読めない
4.採血の目的がわからず、その結果を説明するのに苦労する
5.診療録、処方箋、お薬手帳すべてに書くのは面倒

d0134028_1831814.jpg
d0134028_1833351.jpg
d0134028_1834787.jpg

[PR]
by madowazuzu | 2011-05-28 18:04 | 今日の症例



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧