不不惑

<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

閉胸後の出血

本日の麻酔はAS, AR, MRに対して、AVR, MVPの予定であった。
麻酔導入後の経食道心エコーではMRはほとんど認められなかった。
しかし、エコー上teheringが認められた。
このような写真なのに術中の所見では、腱索が切れていたため
僧帽弁も置換となった。

tenting area=2.06cm2
coaptation depth1.0 cm

d0134028_20483994.jpg
いろいろあり、3回の人工心肺のrunの後に
閉胸した。5分もしないうちにあっという間に
血圧30mmHg。術野から血があふれた。
送血管挿入部近辺がさけ、出血していた。

手術が終わってみると、血行動態は
極めて良好。酸素化も問題ない。
徐々に覚醒し、まもなく抜管できそうです。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-30 20:51 | 今日の症例

第4回麻酔懇話会

大学の手術室で行われました第4回麻酔懇話会に行ってきました。
大学病院の手術室は私が学生の時とは全く違います。
大学病院で半年間しか勤務していなかったことを差し引いても
病院内で迷子になりそうです。d0134028_13563875.jpg

私の前をたまたま教授と演者の先生が歩き、
手術室を開けてくれましたので、
カードキーを持っていない私でも進入することに成功しました。

脊髄保護の話は、臨床からはじまり、基礎についても
わかりやすい説明でした。

さいごは「胃酒屋 野むら」で懇親会です。

この病院で購入して欲しいもの
1.新しいエコー
2.MEP刺激装置

心臓麻酔研究会、麻酔談話会とつづきましたので、私の消化器系が疲労こんぱいです。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-29 14:03 | 学会・研究会

心臓麻酔研究会

今週末は心臓麻酔研究会に出席してきました。
東京女子医大の先生の
「経食道心エコーを心臓麻酔に生かすコツ」
はよかったですね。話の内容もすばらしいですが、
プレゼンもよかったです。
d0134028_1442582.jpg
あの動画はウィンドウズでは出せないのでしょうかね。
最後は講師の先生を交え、すすきのにある
「味処 なか村」で食事を頂きました。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-28 14:45 | 学会・研究会

教科書中心から問題集中心に

去年まではPTEeXAMの勉強は教科書中心に行っていました。
最初の年は主に
A Practical Approach Transesophageal Echocardiography
を読み込み、2年目は主にd0134028_17272728.jpg
The Echo Manual
を読み返しました。
教科書を読んでも字面だけを追って頭に入っていかないことがあります。

そこを反省し、今年は問題集中心にやっています。
教科書をちゃんと読むエネルギーがなくなったことも一因です。

San Diegoの心エコー講習会に行って、
本屋のおじさんに勧められて買った本
Conquer the PTEeXAM
をやっています。買ったときはConquerの意味を知りませんでした。
PTEeXAMをConquerできるよう、
問題集2周目を今日終えることができました。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-24 17:28 | JBPOT, PTEeXAM

NBEのPTEeXAMを申し込みました

今日は疲れがたまりほとんど仕事ができませんでした。
厚生労働省から医師免許書の英訳が届きましたので、
NBEのPTEeXAMの申込書を出しました。
d0134028_19311117.jpg
必要な書類は
医師免許証のコピー(A4に縮小しました)
医師免許証の英訳(本物)
Application
の3点です。
3度目ですから慣れてきました。
これを用意して郵便局で国際スピード便で出します。

申し込みの締め切りは2月29日です。
医師免許書の英訳を取り寄せするのに1月弱かかります。

みなさん、急がないと間に合いませんよ!
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-23 19:32 | JBPOT, PTEeXAM

カルテに一言ぐらい書いてよ

今日も心臓麻酔が終わったら、脳外のくも膜下出血の麻酔
その後、本日に入院した患者さんを回診。
d0134028_8552658.jpg
若い先生がアナフィラキシーショックの患者さんの
治療に当たってくれていたのだが、
カルテに一言も書いて無く
一人で爆発
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-21 23:17 | 麻酔

Annual Comprehensive Review & Update of Perioperative Echo ③

Annual Comprehensive Review & Update of Perioperative Echoの費用

高かったです。
受講料がd0134028_19431779.jpg
Basic courese 約10万円
Advanced course 約10万円
宿泊費1泊 約2万5千円×7泊
飛行機海外分 約13万
飛行機国内分 約4万
国内宿泊    約1万
全部で70万円くらいの出費になりました。
私が聞く範囲では、アメリカの人たちは講習会費用を
病院で負担してくれているようです。

日本に帰国してから病院長に交渉してみましたが、
1円もお金を出してくれませんでした。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-18 19:44 | JBPOT, PTEeXAM

Angina pectoris に対してオフポンプCABG

今日は50代、狭心症に対してオフポンプCABGの予定です。
transmitral blood flow velocitiesの
pulse wave Dopplerを示します。
d0134028_1832150.jpg
手術中はおおざっぱに計測していますので、
基線が汚いですが、abnormal relaxzation pattern
であることはわかりますね。
吻合後もこのabnormal relaxzation patternは変わりありませんでした。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-16 18:13 | 今日の症例

Annual Comprehensive Review & Update of Perioperative Echo ②

Annual Comprehensive Review & Update of Perioperative Echoで、

驚いたことがあります。
それは、欧米人のすさまじい体力です。
講習会は朝早くから、夜遅くまでありますが、皆一生懸命に聞いていますし、
終わると講師を囲んでの質問攻勢です。
文字通り質問が勢いよく攻めています。

部屋に戻るとたいてい夜9時頃です。
予習して、予習は翌日の講習の題を眺め、その章を数行読む程度です。
そんなんで、あっという間に夜中になり、寝て起きるとすぐに会場に行く生活をしていました。

朝は、会場で軽食が出ました。昼も同じようなパンです。
その中で、味の薄いものを選んで食べて過ごしました。
夜はちょっと長めの休憩時間があり、
ホテル内のレストランでスープを頼んでいました。スープにはパンがついていたので十分なボリュームです。一度何とかチキンを頼んだら、手羽先が12本ついてきてとても食べきれる量ではありませんでした。

d0134028_16381924.jpg
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-15 16:39 | JBPOT, PTEeXAM

今日は日直

d0134028_17291827.jpg1月13日(日)今日は日直

90代女性が、朝食中に意識もうろうとし倒れて救急車で来院。
来院時JCS3桁。血圧sys.100mmHg、BS140mg/dl。
既往歴は高血圧・高脂血症。
出血を疑い、CT施行
著明な萎縮を認めるが、出血はない。
CTからは原因不明。

1時間ほどすると血圧sys.120mmHg、JCS2桁ぐらいに改善。

脳神経外科にコンサルトした。
「迷走神経反射でしょ。お年寄りはご飯を食べ胃が膨らむと血圧が下がることがあるのよ。」
へーーー


その後意識がいつもぐらいに戻りご家族と一緒に帰って行かれました。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-13 17:30 | 日直・当直



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧