不不惑

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

リベンジ

d0134028_10141690.jpg 私が医師になって勤務した最初の外病院に、ICUの研修に行くことにした。その病院に連絡したところ、麻酔科医のトップは9月10日までお休みとのことであり、研修のお願いができないで終わってしまった。うらやましいぐらい長い休みである。
 医師になってすぐにICUでの管理はできっこありません。他の麻酔科医や外科系の先生に大いなる迷惑をかけたと思います。機会があればリベンジしたいとたくらんでおりました。まさに千載一遇のチャンス!しかし、医長が帰ってくるのを待つしかありません。
[PR]
by madowazuzu | 2008-08-29 10:15 | 麻酔

トップの異動

d0134028_1554152.jpg 秋には当院の麻酔科トップが異動する予定であったが、どうやらご破算になったようだ。同じく秋にICU(仮)ができあがり麻酔科では私だけが関わるつもりであった。しかし、居残ることになったトップは麻酔科全体で関わると主張している。今まで、一切救急に関わっていなかったのに急な心変わりである。
 そこで、どうせ一人減員の予定だったので、どこかICUを見に行こうかという気持ちになってきた。通える距離にはICUはないので、単身赴任である。
 
 突然降ってわいた単身赴任、妻や家族は何と言うだろうか。
[PR]
by madowazuzu | 2008-08-27 15:54 | 麻酔

栗が実をつけた

d0134028_16284157.jpg 3年前に栗の木を植えました。木が大きくなった印象はありませんが、ほつれたロープのような花が咲き、花の根本に実をつけました。とげは柔らかく、まだ収穫できそうにありませんが、秋には栗ご飯ですね。


   夢はツリーハウス
[PR]
by madowazuzu | 2008-08-22 16:29 |

英会話教室見学してきました

d0134028_17471046.jpg やっと見つけた英会話教室は、先生の夏休みのため通うことができないでいましたが、先日やっと行ってきました。受講生は約10年通っている人と約5年通っている人の2人だけで、私を含めると3人というこじんまりとしていました。教室も掘っ建て小屋に近いオンボロでした。
 ネイティブに教えてもらえば
「ぺらぺら」
になれると思っていましたが、大きな間違いであることがわかりました。2人の受講生は英語で十分コミュニケーションがとれるようには感じ取れませんでした。
 教室に通う受動的な態度だけでなく、積極的に勉強していかなくてはいけないんだと痛感しました。
[PR]
by madowazuzu | 2008-08-20 17:49 | 英語

Understanding Ultrasound Physics 第2章と勉強方法

d0134028_16113527.jpg Understanding Ultrasound Physics、第2章 Exam Review(P.244~385)、538問をやり遂げました。自分の誕生日である7月18日から始めて8月18日、ちょうど一月でやり遂げました。成績は75%ぐらいです。
 この間、夏休みでグアム旅行、妻の実家旅行、徹夜手術、などありましたが、こつこつとやり遂げました。JBPOTまで一月近くに迫り、いつもなら空回りするところですが、途中でなげだすことありませんでした。

 私のお薦めの勉強方法は、自分のノートを作ることです。これは学生時代に作ったノートとは異なります。勉強日記のようなものです。日付を書く、解いた問題、間違えた問題を記して、ポイントを書いていく。そうすると、いかに自分が勉強していない日が多いことがわかります。もちろん日常の臨床に忙しくて勉強する機会が少ないのは多くの人に共通することだと思います。しかし、ノート(勉強日記)をつけることで、どれぐらいやっていないのか自分を認識することができます。
 初期の頃は不要になったコピー用紙などに書きまくっていましたが、わかっていることを繰り返したり、わからないことをさっと通したりと効率性に欠けていました。わからないことを繰り返してみるにはノートがあるといいのではないでしょうか。
d0134028_16105193.jpg
[PR]
by madowazuzu | 2008-08-18 16:18 | JBPOT, PTEeXAM

夏休みは家族とともにグアムで

d0134028_12103545.jpg 夏休みを頂き、グアムに行ってきました。プール→海→ご飯→プール→海→ご飯を繰り返しました。トローリーバスを利用することなく、プールと海を満喫しました。
 
 ここは、観光地ですから、現地の人はどんどん英語で話しかけてきます。ご飯を食べている最中でも「enjoy?」とwaitressから声がかかります。以前は「あ~、えんじょい。」とだけ答えていました。どう答えるのがただしいのか、どう答えるべきなのか、わかりませんでしたので会話が続かないように返事をしていました。
 
 今回は、「I enjoy dishes and atmosphere of the restraunt.」と積極的になりました。そうすると向こうからも返事があり、まさに会話のキャッチボールになりました。どう答えるのがただしいのか、どう答えるべきなのかということを考えないようになりました。これは自分の気持ちが前向きになった現れだと思います。正しくなくてもいいんだ!と思うようになると少し前向き人間に変われたかもしれません。途中で、妻が「英会話の練習をしているんでしょ」と指摘するぐらい立ち止まって会話にはげみました。
 
 PTEeXAMに合格してもエコーの達人になったわけではありません。受験者の平均点にも達していません。日常の臨床で使っているエコー器械は15年前のオンボロで大した機能もありません。むしろ修理不能なプローベをだましだまし使っています。こんなんでもとりあえず、英語もエコーもいいんだ。とNBEは思うようにさせてくれました。
[PR]
by madowazuzu | 2008-08-04 12:12 | 英語



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧