不不惑

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

回線がつながらない

d0134028_235966.jpg 今日は10月30日、IARSのデッドラインである。抄録をやっと書き上げだが、回線が混んでいるのか全くつながらない。今まで、何度か挑戦したことがあるが、すべてrejectされた。いつもは日本語で書いてお金を払って英語に直してもらったが、今回は直してもらわなかった。時間が足りなかったのも一つの理由だが、翻訳してくれる英語がピンとこないのだ。
 いずれにしても、回線がつながらないのではどうしょうもない。


<追記>何とか以下のコメントを頂けた。

STATUS: Complete
No further action is required. To edit any of your work, click on the desired step on the left side of this page.
[PR]
by madowazuzu | 2009-10-30 23:01 | 学会・研究会

教科書は後ろから読むべし

d0134028_16444935.jpg PALSを受講してきました。今年たてた新年の目標である、2度目のBLSとACLS、PALSを受講する目標をクリアです。

 PALSプロバイダーマニュアルを最初から順に読みましたが、最初の方はおもしろくもなく、忍耐が必要でした。後半は読み込むことができました。前日になり、エコーの教科書も最初の章はおもしろくないので、後ろの章から順に読んだことを思い出しました。



教科書は後ろから読むべし


d0134028_16462345.jpg


PALS会場から見ることのできた大雪山です。山はすっかり雪景色に変わりました。
[PR]
by madowazuzu | 2009-10-26 16:52 | 麻酔

英検の自己採点

d0134028_1654991.jpg 英検の良いところは問題を持って帰っても良いことです。

自己採点の結果

 準2級 一般問題43/45、リスニング問題25/30
  3級  一般問題34/35、リスニング問題27/30

 成績がいいというより、もう一つ上の級を受けるべきでした。しかし、リスニングや面接に自信がなかったのでしようがありません。

 英検やTOEICのリスニング問題は一度しか流してくれません。ぼーっとしていると聞き漏らしてしまいます。その点、JB-POTやNBEの動画問題は2度見せてくれますから、親切なのかもしれません。聞き漏らさないように耳を傾けるという行為はふだんは全くしないので、聞くことに対して集中力を維持し続けることが難しいです。
 
 明日はPALS、学芸会がインフルエンザのため延期となり同じ日になってしまいました。
[PR]
by madowazuzu | 2009-10-23 16:06 | 英語

英検受験

d0134028_849676.jpg 18日に英検を受験しました。実はこの日は小学校の学芸会とダブルブッキングになっていましたが、前日にインフルエンザ蔓延のため、学芸会が中止となり、急きょ受験にいけることになりました。

 午前に受験した級では前後に小学生、左右に中学生にはさまれました。午後の受験はさらに平均年齢が下がり、教室には小中学生と高校生がちょっと、それとおじさんである私という感じでまさに場違いでした。

 さて、2次試験は幼稚園の息子のお遊戯会・麻酔科当番とトリプルブッキングで受験できそうにありません。
[PR]
by madowazuzu | 2009-10-19 08:49 | 英語

A型解離と風邪

 夕方からのどの痛みがあり、このままだと風邪ひきそうだ、と思ったらA型解離。朝3、4時頃には意識がもうろうとしてきました。
d0134028_10572921.jpg



[PR]
by madowazuzu | 2009-10-12 10:57 | 麻酔

二酸化炭素排出量25%削減の命題

d0134028_1411618.jpg 民主党に政権が変わりました。民主党の政策の一つに二酸化炭素排出量25%を削減することを掲げています。どうやってこれを達成すべきでしょうか。大きく分けて2つあります。

   1.二酸化炭素の排出量を減らす
   2.二酸化炭素の排出量を取引する
 
 さらに(ア)共同実施、(イ)クリーン開発メカニズムなども考慮されますね。

 1997年京都議定書により日本をはじめ各国は温室効果ガス排出量の削減目標を示しました。日本は1990年日で6%を掲げました。これが、チームマイナス6%の始まりです。さて、現在は1990年比で約8%増加していています。鳩山首相は1990年比で25%削減すると言いました。できるのでしょうか?

 一市民ができることは 「1.排出量を減らす」ことしかありません。25%二酸化炭素排出量を減らすこととは、25%効率よく仕事をすることではないでしょうか。

 25%手術件数を減らし、25%ICUの滞在日数を短くし、25%麻酔の導入にかかる時間を減らす。

 みなさん、麻酔科医が健康的な生活ができるよう、病院内でチームマイナス25%を立ち上げましょう。
[PR]
by madowazuzu | 2009-10-08 14:12 | その他



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧