不不惑

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドクターヘリ講習会

 ドクターヘリ講習会に行ってきました。目の前に着陸したドクターヘリの姿がかっこよく、一緒に見た子供たちも「かっこいい」と言ってくれたから。
d0134028_835285.jpg

 ヘリに乗って活躍している医師や、講習会などでお話をする多くの人たちは、「over triageになってもいいですから、どんどん呼んで下さい、ヘリの運行を継続するために数をこなしたい」この辺は??????

 この地域の救急救命士の教育に携わり、彼らに多くの手術症例を見てもらい参加してもらっています。当院で重症な頭部外傷の治療、切断指に対する接着術もみているはずです。その彼らが、、病院の近く、救急車で10分程度の距離で発症した外傷をわざわざ、ドクターヘリを呼び都会のセンター病院に運んでいます。「チェ!
[PR]
by madowazuzu | 2010-05-26 08:38 | 学会・研究会

本日の抄読会

Transcatheter aortic valve implantation: anesthetic considerations.
Anesth Analg. 2009 May;108(5):1453-62.

 summaryは長いのでブログに載せることができません。今回も経カテーテル治療のA弁置換です。ヨーロッパでは広く行われているtranscatheter aortic valve implantationもアメリカ全土では積極的に行われていないようです。このpapaerはColumbia Universityのものです。
d0134028_2130352.gif transfemoral approachが全29例、transapical approachが7例の合計36例を1年間で行ったようです。90歳以上が6例、Euro Score 40以上が10例、おそらくこの病院では、classicalなA弁置換をためらうような人を対象にしたのでしょう。
 特筆すべきはfemoral artery、iliac arteryのrepairが23例で必要になっています。device introducerは33Frもあるので、動脈をぶちこわしながらカテーテルを進めているのかもしれません。

この図は上記論文のFigure 4. を縮小して用いた。
[PR]
by madowazuzu | 2010-05-19 21:31 | 麻酔

ビビビときて、HDD→SSD

d0134028_21155100.jpg住宅ローンを組んでからは、Lisaなどの麻酔分野も含め雑誌というものを買わなくなりましたが、日経PC21の6月号HDD→SSD7倍早くなるという表紙に惹かれ買ってみました。そこで知ったのが、I・O DATAのHDD交換サービスです。
 この商品を購入して、SSDと一緒にノートパソコンを送ると、その道のプロがノートパソコンのをそっくりSSDに移してHDDを交換してくれるというものです。

 ノートパソコンはSony Vaio Type F light(たぶん2005年購入)
     CPU インテルPentium M740(1.73Ghz)
     HDD 80GB
     メモリ 512 MB
     画面  14.1型ワイドWXGA
OS Windows XP

 d0134028_21174793.jpg起動・シャットダウンともに1分30秒かかり、20GBのCドライブが19.5GB使い、動作が非常に不安定でした。64GBのSSDと交換サービスを合わせて34500円。けっして安くはないですが、この値段では新品ノートパソコンは買えません。
[PR]
by madowazuzu | 2010-05-18 21:15

日本心臓血管麻酔学会とIELTS

第12回心臓血管麻酔学会 2010年10月9日(土)10(日)
 演題募集期間       2010年4月26日(月)~6月30日(水)

第12回経食道心エコー講習会(大阪)2010年7月24(土)25(日)
 もう、キャンセル待ち状態

 JBPOTのハードルも高いですが、講習会受講するだけでもハードルが高いですね。目先の仕事に追われているので、7月なんて遠い先のことだと思っていました。

d0134028_1083856.gifIELTSは都会でしか行っていないので、受験をためらっていましたが、心臓血管麻酔学会と同日に東京で行われるので受験してみます。学会は、IELTS終わってから参加です。
[PR]
by madowazuzu | 2010-05-13 10:09 | 学会・研究会

本日の抄読会

Effects of prone and reverse trendelenburg positioning on ocular parameters.
                   Anesthesiology. 2010 Jan;112(1):57-65.

Background
覚醒下ボランティアでのパイロットスタディでは、眼内圧(IOP)、脈絡膜の肥厚、視神経直径が5時間以上の腹臥位では手術台を4度頭部を上げることで、弱まる傾向があった。これを確認する。

Method
10人のボランテイァ、5時間の水平腹臥位と頭高位にして測定。

Results
IOP、脈絡膜厚、視神経径は腹臥位で時間と共に増大。4度の頭高位は脈絡膜の増加を弱めたが、IOP、視神経径の増加を弱めない。

Conclusions
長時間の腹臥位はIOP、脈絡膜の肥厚、視神経径を増大させ、4度の頭高位はそれらを弱めることはない。

《 感想 》
 腹臥位による手術の際、物理的な圧迫以外の原因による視神経障害をはっきりと予防する方法は無いのかもしれない。
[PR]
by madowazuzu | 2010-05-12 10:44 | 麻酔

TOEFL受験

 TOEFL受験してきました。会場には約20人ほどいました。驚いたことに、隣の受験生とは壁などの遮るものはありません。speakingのセクションではスピーカーに向かってしゃべっているのが、きれいに聞こえてきます。最初は、そんな雑音が気になっていましたが、時間に追われているうちに全く気になりません。

d0134028_9562311.jpgTOEFLテストとは
TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)は、英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストです。コミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つのセクションがあります。

「読む」(Reading)
1問20分、あるいは2問40分です。自宅で練習問題をやりましたが、いつも1問30分くらいかかります。今回はアメリカの女性運動家の話があり、30分かけても全くわかりませんでした。もう一問は、カエルの減少と地球温暖化で、こちらはわかりやすい文章でしたが、残りの10分ではいかんともしがたかった。他に気象と地学か???

「聞く」(Listening)
画家のダリについての講義、これも何いってんだか???など

「話す」(Speaking)
考える時間は15秒から30秒くらい与えられ、問題にもよりますが、30秒から60秒かけて答えます。I agree, I disagreeで話し始め、Becauseを入れてみましたが、これでは幼稚な返答だと思います。

「書く」(Writing)
食品に対するradiation(100-150 words 20min.)と子どものresponsibilityを育てるのに動物を世話させるのはよいことか(>300words 30min)の2問でした。食品のradiationはちょうど100 words、responsibilityは270wordsと要求を満たせませんでした。

 10時からスタートし、途中マイナーなパソコントラブルなどがあり、終わったのが14時半。NBEもそうですが、アメリカ人の作るテストは長すぎます。私が大して話せないのは、テスト開始1分もしないでバレバレなはずです。
[PR]
by madowazuzu | 2010-05-09 08:32 | 英語



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧