不不惑

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本集中治療学会に参加中

 ここ一月は大変忙しく、十分な睡眠をとれていませんでした。私にとって一番の目的は「Post Cardiac Arrest Syndrome」、ときどき目を覚まして聴くのが精一杯でした。

当院の(私しかしませんが)低体温療法のストラテジーは

1. 冷蔵庫に入れたビカーボン1000mL急速静注
2. 34度、24時間のクーリング
3. Medi-Thermo Ⅱのブランケット2枚で体をはさむ
4. 48時間かけて36度にウォーミング
5. プロポフォールで沈静、筋弛緩併用
6. 昇圧剤はドブとノルアド
7. IABPとPCPSは使わない 

こんな感じでいいのかこの学会で確認したかったのですが、椅子を3席使って寝ながらの拝聴になってしまいました。

低体温にもっていく人は年間2人くらいでしょうか。社会復帰する人もいれば、亡くなる人もいます。
d0134028_21133622.jpg

d0134028_21141220.jpg

d0134028_21145665.jpg

横浜に来ましたが、食べたのはメキシコ料理。タコスとエンチラーダス
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-24 21:16 | 学会・研究会

ミニトラックⅡ

 本日は、日直・救外担当医です。救急車4台、外来患者40名、うち1名は手術。他院から気管挿管または気切して欲しいという患者が1名。この患者さんに対しては輪状甲状間膜切開、ミニトラックⅡを挿入した。

 ミニトラックⅡは、刺入部からの出血で困ることは少ないが、経皮的気管切開術は出血することがある。電気メスのない状況では、慎重にやってもらいたい。デモやyoutubeを見ただけで自分もやってみようと思わないように。インターネット上では、上手に行われている映像ばかりですが、トラブルが全くない手技ではありません。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-20 16:52 | 今日の症例

未来の巨匠達による大動脈弁置換、バチスタ手術

 本日はWet Laboを行いました。未来の巨匠達が生体弁による大動脈弁置換、左室縫縮術などに取り組んでおります。

d0134028_212993.jpg

d0134028_2122440.jpg


 6個の心臓に対し、6人の参加です。豚さん達に感謝。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-18 21:04 | 麻酔

仕事のストレスは仕事で

d0134028_844176.jpg 医師になりたての頃は、仕事のストレスは釣り、特に川釣りで発散していた。アラフォーとなり、仕事のストレスは仕事で発散できるようになったが、仕事の疲れは寝るしかない。

 仕事のストレス発散に来た北の仕事で、疲れがとれない仕事に見舞われた。

 夕飯はビーフストロガノフとワイン、物足りなかったのでピロシキとビール。一人で食べる食事のストレスは家族と食べ発散

d0134028_8444839.jpgd0134028_8481873.jpg
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-16 08:48 | 麻酔

だっこ

d0134028_2244252.jpg 英会話教室に行っていると、息子から電話がかかってきた。
 「何時に帰ってくるの?」「だっこして欲しいの」

 なんとかわいいことを言ってくれるのか!急いで家に帰るともうだっこして欲しい気持ちはなくなっていた。いつものやんちゃ小僧に変わっていた。

 もう30㎏にもなる。抱っこするのがきつい。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-14 22:44 | その他

発見人間力

d0134028_9241023.jpg 朝になり止血の時間帯になったので、控え室でコーヒーでもと思い、その時つけたテレビがこれ!

「発見人間力」山形発 いただきます~山川牧場といのちの教育~

 高校生がウサギを解体して、カレーライスとして食しています。“命”を考える番組としてできているのでしょうが、ウサギの解体直前から見ましたのでびっくりです。

 手術室にやってくる消えそうな命とそれに関わるスタッフも取り上げてください。ネガティブな内容でもかまいません。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-13 09:22 | 今日の症例

消化器内科撤退

d0134028_23341240.jpg 約5年前に当院から5人いた循環器内科医が撤退しました。2年くらい循内がいませんでしたが今は4人が働いてくれています。

 今度は消化器内科が撤退しそうです。秋まで2人残留してくれますが、それ以降は0です。消化器内科医のいない総合病院なんて日本中どこにもないのではないでしょうか。

 問題を病院全体やシステムで解決しようとせず、個人のがんばりに求めているうちは医師不足は解消できません。消化器内科の先生方はどの科の先生方よりも毎日毎日遅くまで働いています。当院のシステム上、手術以外の時間外手当は極めて低額です(4月以降は時間外手当は、勤務時間にほぼ比例するようになり手術手当がなくなります)。手術麻酔は3人でon callを分けていますが、私には救急外来とICUの困りごとは常にon call状態です。時々1泊2日ででかける出張麻酔がなによりも息抜きになります。

 消化器内科の先生方、今まで大変ご苦労さまでした。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-12 23:35 | その他

本日の抄読会

Predictors of Technical Success and Postnatal Biventricular Outcome After In Utero Aortic Valvuloplasty for Aortic Stenosis With Evolving Hypoplastic Left Heart Syndrome
(Circulation. 2009;120:1482-1490.)


Background
妊娠中期の胎児に大動脈弁が狭窄すると左室が正常あるいは拡張し左室の低形成に至る。出生前にバルーンを用いて大動脈弁形成を行うことで左室の成長と機能を改善し、左室低形成症候群に至ることを防ぐ。

Methods and Results
2000年3月から2008年10月の間、70の胎児が大動脈弁狭窄症のため左室低形成に至ると診断し、大動脈弁形成術を行った。手技と結果について検討した。治療を行ったのは中央値で23週。52(74%)の胎児で手術は成功した。21の治療を行わなかった胎児と比較すると、治療後に出生前に大動脈弁・僧房弁ともに成長た。9人(13%)は出産に至らなかった。

Conclusions
大動脈弁形成がうまくいくと大動脈弁狭窄のために左心低形成に進行するような胎児の左心系の成長を改善できる。一方、胎児期の大動脈弁形成術は胎児死亡のリスクを伴う。


お母さんのおなか→子宮と針を刺し、ガイドワイヤを通して、胎児の大動脈弁を形成するというもの。世界から単心室の子どもが半分になるかも。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-09 18:37 | 麻酔

漢字検定を親子3代受験

d0134028_21584925.jpg この週末に、私・妻・二人の子供達・私の母の計5人で漢字検定を受験しました。目指すは『家族合格表彰状』
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-06 21:59 | その他

CO中毒の集団発生とたばこのメリット

d0134028_3461570.jpgCO中毒の集団発生が散発しています。換気の悪い職場で同僚が集団でやられています。

この際、非喫煙者が意識を失ったり倒れたりする中、喫煙者は倒れた人を部屋から出したり、救急車を呼んだりしてくれます。たばこを吸う人がいなければ全滅したかもと思うこともあります。

来院時CO-Hb25%を超えると非喫煙者は強い頭痛やめまいを訴え起き上がることができないですが、喫煙者は結構平気です。たばこを吸わない人をICUに入室させ、たばこを吸う人は一般病棟に入れるという区別をすることもあります。

死亡症例はCO-Hb50%超えていることが多いですが、喫煙・非喫煙の比較ができません。亡くなるとそれどころではないのです。
[PR]
by madowazuzu | 2011-02-04 03:43 | 今日の症例



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧