不不惑

<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

エコープローブホルダー

 人工心肺の会社からホルダーを頂いた。これを経食道心エコーのプローブホルダーとして使用。なかなか使い勝手がいい。あとは、看護婦さんが管理してくれるようお願いしなくては。
d0134028_1454728.jpg

 エコーホルダーで楽しい気分になって仕事しているのに、循環器内科の先生と胸部外科の先生が、、、「つないで欲しい」v.s.「つなげません」、、、「つないで欲しい」v.s.「つなげません」、、、「つないで欲しい」v.s.「つなげません」、、、「つないで欲しい」v.s.「つなげません」
[PR]
by madowazuzu | 2011-06-30 14:06 | JBPOT, PTEeXAM

本日の抄読会

今週から3週にわたり、麻酔科医がテーマを決め、1年次研修医が読むことになった。
テーマは「Dexmedetomidixe」を「Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesi」で

A randomized, controlled trial on dexmedetomidine for providing adequate sedation and hemodynamic control for awake, diagnostic transesophageal echocardiography.
                            J Cardiothorac Vasc Anesth.
                               2011 Apr;25(2):233-7.

この施設では普段は循環器内科医が鎮静しているが、今回は麻酔科医がエコー検査室に行って、DEXと標準治療両方で鎮静したようだ。そのためか、Nは22人とすくなめ。

Objective
TEEの施行時の鎮静方法としてDEXは有用か
Design
標準的な鎮静方法(ミダゾラム、フェンタニル)と前向き比較
Results
標準治療群では血圧・心拍数高い。
Conclusion
DEXは標準群とかわらない

結論はおもしろくないね。
d0134028_3234054.jpg

[PR]
by madowazuzu | 2011-06-30 03:24 | 抄読会

カチューシャ

先週末は出張、お気に入りのお店で夕食。ちょうどお店の女主人がギターで演奏中。
「カチューシャ」「百万本のバラ」など
d0134028_16341942.jpg

私の知っているカチューシャはこっち。
http://www.youtube.com/watch?v=T1q_0PXmJOk&feature=related
出張に来るとほぼ規則的な生活ができるので、あれも・これも・なんでもできるような気がしてくる。食べたのはエビのストロガノフ
d0134028_16453435.jpg

[PR]
by madowazuzu | 2011-06-28 16:42 | その他

ドームに行ってみた

先週末は、家族でワンピースドームツアーに行ってきました。
料金 大人 3000円×2人
    子供 2500円×2人
この料金設定に納得がいきません。高すぎる!
加えて妻と息子の買ったこのぬいぐるみ。
d0134028_13322371.jpg

一つ4800円。ホロホロゴーストとクンフージュゴン。これがまた、ヤフーオークションで2倍くらいの値段で出ています。家族でもほしがる物が理解できません。私のしようとしていることも理解されないでしょう。
[PR]
by madowazuzu | 2011-06-25 13:34 | 買い物

救急勉強会

救急勉強会を行った。
d0134028_19223741.jpg

当院の院長が某教授との会食を希望され私に打診。
講演会の日程調節がうまくいかず、某薬剤メーカに丸投げ。
前座に私が、「Off Pump CABGにおけるオノアクトの有用性」についてしゃべりました。
スライドはhttp://www.themegallery.com/で購入。
[PR]
by madowazuzu | 2011-06-21 19:38 | 学会・研究会

田舎小学校の運動会

週末は子どもの運動会だった。田舎の学校はここがすごい!

1.グラウンドは広く400mトラックがはいる
2.野球とサッカーを同時にやってもボールが邪魔しない
3.塀でかこまれていない
4.教室の半分は使われていない
5.トイレは未だ和式
6.耐震能の検査はされていないし、おそらく満たしていない
7.親子2代はざら、しかし、3代はいない
d0134028_2042958.jpg

[PR]
by madowazuzu | 2011-06-15 20:05

第14回日本臨床救急医学会

第14回日本臨床救急医学会に出席

特別企画 東日本大震災 特別報告会は心に響くものばかり。宿は奮発してホテルニューオータニにしたと思ったらホテルオークラだった。徒歩約20分、疲れた。
d0134028_2124349.jpg

d0134028_2131067.jpg

d0134028_215474.jpg

現地でお会いしたきれいな人は川島なお美さんだった。夫婦で炊き出し。料理にサインに、写真と大忙し。気の毒なくらい。
[PR]
by madowazuzu | 2011-06-03 21:09 | 学会・研究会

本日の抄読会

Balloon Dilation of Severe Aortic Stenosis in the Fetus
Potential for Prevention of Hypoplastic Left Heart Syndrome
Candidate Selection, Technique, and Results of Successful Intervention

Wayne Tworetzky, MD
(Circulation. 2004;110:2125-2131.)

前回も同じグループの人たちの論文を読みました。胎児の麻酔は胎盤を通してするのかと思っていましたが、胎児に直接fentanylや筋弛緩を筋注していました。

サマリーのサマリー
Background
胎児期のASが左心低形成症候群(HLHS)に進行するのを防ぐには、治療しなければHLHSになる左心をもつ胎児を診断し、子宮内での弁形成術を成功させ、子宮内で左心系が成長させることが必要である。

Methods and Results
ASの胎児をもつ24人のお母さんに治療を行った。少なくても3人のエコー検査技師によって、24人の胎児は治療を行わなければHLHSに進展する可能性が高いと診断された。(21週~29週の)20人に大動脈弁拡張術を行い14人が成功した。(開腹するしないにかかわらず)胎児に穿刺する適切な場所とコースを明らかにできた。治療がうまく行かなかった子供は左心系の成長がとまったままで、また治療がうまくいけば、左心系が成長していくことを連続的にエコーで確認することができた。

Conclusions
胎児エコーは妊娠中期にASがありHLHSになる高いリスクを持った子供を診断することができる。タイムリーにまた確実に大動脈弁を拡張することが左心系の成長が止まることを防ぎ、正常な解剖と機能をもつ左室をもって生まれることができる。

小児科の先生に聞くと、お母さんに酸素投与するのも有効だそうです。
[PR]
by madowazuzu | 2011-06-01 18:40 | 抄読会



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧