「ほっ」と。キャンペーン

不不惑

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

薬屋さんも日本同様の説明会

麻酔科医100人?、麻酔科教授7人、麻酔科大教授1人。大きな組織だ。
今朝は、朝一で時間をずらすことができる手術はすべて30分ほど入室を遅らせた。
そして、「Remifentanyl」の臨床研究についての説明を受けた。
会場には40人の麻酔科医がいた、制限がある。
 ・単独ルート
 ・カフは反対側に
 ・TCIで投与
 ・肥満者は理想体重で
 ・あとは忘れた
その直後に第1例目、部屋には20人の麻酔科医、私は退散した。
その日の昼食はABBOTTが急遽用意してくれた。

時にはお昼に薬屋さんの説明会も時にはある。食事とボールペン付き。
d0134028_22231786.jpg

Arixtra、大教授が一言、「使いにくい」
[PR]
by madowazuzu | 2012-07-27 22:26 | 海外

MVR と TVP で温度上昇

教科書には、経食道プローベ温は時間とともにあがるから気をつけなさい、と書いてある。実際、ながなが見ている研修医にFREEZEを押す指導医もいた。

嘘だと思っていた。どんなに使っていても、カラー載っけても温度上昇の警告みたことなかった。
しかし、術者に手術のリーク等ないことをみてもらい、麻酔科の先生方にみせたら
「プローベ温 40度」、警告がでた。5分ともたない。
今まで使っていたアロカα7を使いたい、、、、、、
[PR]
by madowazuzu | 2012-07-26 22:19 | 海外

ときには役立つことも

ここは大学病院ですから、医者がたくさんいます。一部屋に3人はいます。
1科、1部屋が基本です。例えば、乳腺外科が1日12症例あっても一部屋です。
全部全身麻酔ですから、3人の麻酔科がいても大変そうです。
d0134028_12152969.jpg

今日の臨時手術では、私は後方6番手、術野が遠いです。しかし、待ちます。
そう、麻酔科医たちはゆっくりはけていきます。最終的には2人+α

言葉の壁がありますが、たまに良いこともしています。
自発呼吸のある患者に気管挿管、
カプノグラフの波形は規則的、しかし、自発呼吸音は聴診可、陽圧換気では聴診されません。
だれも疑っていませんでしたが、一生懸命訴えました、2歳児並の英語で、、、
喉頭展開し、「ほら」。 見るとみな納得。
だから私はエコーが好きです。2歳児並の英語でも画像出せば術者納得。
[PR]
by madowazuzu | 2012-07-22 12:16 | 海外

Human Errorはどこも似たり寄ったり

Human Errorはどこも似たり寄ったり

Ⅰ.
若手麻酔科医が内径静脈を穿刺する際、エコーを使いながら内径静脈を貫いて後面にあった動脈を穿刺した。交代した年配医師は解剖学的アプローチにこだわり、うまくいかない。

Ⅱ.
アルチバ50mg/生食50mlをTCIポンプを用いて投与。ものの2,3分で全量入ってしまった。プロポフォールで設定したか?それに気づいた上級医があわてて昇圧剤投与し、血圧爆発。

d0134028_21531576.jpg

エコーはHewlett Packard SONOS 5500、古くてがっかり、脳外はBrainlabです。
d0134028_2155476.jpg

お金使っています。きっと麻酔科が使ったエコーは循環器内科のお古にちがいありません。
日本でもよくある話です。麻酔科にはお古のエコーしかあたらない。
[PR]
by madowazuzu | 2012-07-14 21:03 | 海外

携帯電話は借りています

日本にいるときは夫婦あわせて3000円くらいの携帯電話でした。ですから、電話にお金をかけるのにすぐく抵抗があります。
d0134028_18183733.jpg

秘書さんが貸してくれました。音量の調節ができないので、困っています。

 自宅ではネットがつながっていないので、喫茶店に来ています。どこの喫茶店もWifi無料で助かっています。しかし、この間にスコールになってしまいました。
[PR]
by madowazuzu | 2012-07-02 18:18 | 海外



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
最新のコメント
ブログみさせてもらいまし..
by 幽霊 at 02:21
Hi there to ..
by Louis Vuitton Sacs at 00:47
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧