不不惑

閉胸後の出血

本日の麻酔はAS, AR, MRに対して、AVR, MVPの予定であった。
麻酔導入後の経食道心エコーではMRはほとんど認められなかった。
しかし、エコー上teheringが認められた。
このような写真なのに術中の所見では、腱索が切れていたため
僧帽弁も置換となった。

tenting area=2.06cm2
coaptation depth1.0 cm

d0134028_20483994.jpg
いろいろあり、3回の人工心肺のrunの後に
閉胸した。5分もしないうちにあっという間に
血圧30mmHg。術野から血があふれた。
送血管挿入部近辺がさけ、出血していた。

手術が終わってみると、血行動態は
極めて良好。酸素化も問題ない。
徐々に覚醒し、まもなく抜管できそうです。
[PR]
by madowazuzu | 2008-01-30 20:51 | 今日の症例
<< 次はClinical Manu... 第4回麻酔懇話会 >>



四十而不惑の境地に至れなく麻酔を行う日々
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
学会・研究会・講習会・試験日程
ASCeXAM ???
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
風をつかまえた少年 著:..
from piece of life ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧